就職試験想定問題問題

Pocket

 

 コロナの影響で今年は中止となりましたが、GWが終わるとボチボチE3(エレクトロニック エンターテイメント エキスポ)の開催が見えてくるのですが、本間が講師をしていた頃は開催中とその前後の企業の発表はチェックしておいてねと生徒にお願いしておりました。理由としては、自分が今後進むであろう業界の世界的な情勢と方向性を知っておいて欲しいという事と、自己PR文や面接の際にネタになるためなんですが、生徒の皆さんまぁガン無視ですわ。


 理由としては生徒の皆さん、アメリカはロスで開催されるというそんな海の向こうの事なんざ知らねぇよといった様な黒船来航前の百姓的な感覚でゲームに接しているためで、そんなモンより目先の美少女の方に目が向くワケで、そんな視野の狭いあり方といったものは、目前に迫った就職活動にもガッツリと反映されます。


 就職活動においてファイル、履歴書等の書類審査が通りますと面接というのが、内定への基本ルートでありますが、企業においてはその間に企業課題を出す所もあります。ポピュラーな所では面接の前後に軽めのデッサンやキャラや背景を描く。若しくは送られて来た課題文に沿ってCGや手描きの作品を制作して提出する。と言ったものです。


 これが馬鹿にできないものでありまして、僕がこのブログで言い続けている「とにかく手を動かして何か描け」という事がここで活きてくる訳ですが、生徒の皆さんまぁ描きゃしない。


 大手企業では確実にこの手の企業課題はありまして、コーエーテクモやカプコンもありますし、下請けの大手であるトーセさんなんかは毎年同じ課題の提出を求めて来るので、かえって対応が楽と言えます。


 そんなワケで本間の勤めていた専門学校でも、入学して早い内からこの企業課題への対策を行なっておりまして、その中でも特殊なものが「10分テスト」と呼ばれるものでした。これは授業の最初の10分の時間でお題を出してそれを描くというものでして、お題の記号を的確に抽出しそれを正確に表現する事が鍛えられる訓練でした。内容は違ど他の校舎でも似たような課題を出して企業課題への対策としていた様です。


 記号についてはいずれお話ししようと思いますが、今回はその10分テストのお話。
このテストによって脳の中のイメージを素早く的確に表現する事が可能になりまして、卒業した生徒の中には会議中に描いた落描きの様なラフ画がアイデアとして採用されたというお話も伺えまして、就職活動だけではなく多方面で 役に立ったそうです。


 では、実際のテストがどういったものなのかをご紹介しますと、当然生徒には個人差がございまして、上手い方ですとこんなカンジとなります。

 しかし今回のこのブログは、これが本題ではなく、もの事には何事も表と裏、光と闇がございまして、本間の大好物はそちらの腐臭漂うスカムカルチャー。先ずは兎に角見て頂こうと思います。


お題は犬。

 次は「猿」

 10分という限られた時間の中で、記憶力と記号の抽出力を駆使して描き上げるのがこのテストのコツといいますか、それらを鍛えるという事で企業課題への対応力強化に繋げようというのが意図なのですが、時間に追い詰められた状況と画力の無さが暗黒面でドッキングした結果、この様な闇の深い作品を生み出すのではないでしょうか。

 次は「パンダ」

 これ以外にも300近いお題の中からゲーム業界を目指す若者が描き出したトンがった作品群が多くあり、赴任したての本間の心をワシ掴みしてしまい、以来毎年隠れたセンスを持つクリエイターの発掘に青田刈りのプロ野球のスカウトの様に血眼になってしまった僕は、教育者として失格だけど好事家として正解だと思います。 この様な作品群は、このテストだけではなく様々な課題で見られるのですが、それらは僕の嗅覚が判断して保存され裏参考作品と称して僕の手元にあり、本間美術館というファイルに入れて偶に引っ張り出してはほくそ笑んでおります。


 ここで勘違いして欲しくないのは、若者の拙い技術を笑い者にしようとか下手な状況を蔑もうとしているのではなく、自分でも思いもよらないものを生み出す力とか人間には未知な領域が未だに残っているという事を知る事は非常に価値のある事なのではないかと思うのです。人間とは存在自体がフロンティアだということです。


 また、意外にもこうした作品を描く生徒さんの中にも普通にゲーム業界に内定を頂いている方もおりまして、一概に技術の上下が採用に影響があるとも言えず、この手のドローイング的な描画が苦手な方でもその辺は安心しても良いとも言えます。


 まぁ、最終的に何が言いたいか簡単に言いますと、上手いとか下手とかそんな価値は犬にでもくれてやれ!という事です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

デブ問題