ビジネスマナー問題

Pocket

 「ビジネスマナーも教えておいてもらえませんか?」といったお願いが稀に企業側からあったりするのですが、その会社ってば、絵を描く力と最新ソフトを扱う知識、主にモーションとエフェクト。可能ならば若干のプログラム知識も仕込んでおいて欲しいということを来校される度に言われるのですが、

「そんな余裕があるわきゃねーだろ!」

と心の中でツッコミを入れつつ「検討しておきます。」という社会人的スルースキルを駆使してその場を凌いだのですが、逆に言えばそういった能力が基本として持ち合わせている人間はスムーズに内定を頂くことが出来るというワケで、東海地方最大のゲーム企業であるところの超ホワイト某社では、新入社員は先ずみっちりと研修を受けさせて、電話対応等のビジネスマナーを身につけさせてからCG制作の就業をさせるそうです。

 我々講師陣としてもビジネスマナーの指導はしたいものの、デッサンとCGの指導だけでいっぱいいっぱいで手が回らないのが実情でありますが、なんぼ教育されていないとは言っても最低限のビジネスマナーは社会に出る人間の常識として押さえておけば他の電話対応や言葉使いは後からでもついてくると思われます。

 そんな中でも我々講師陣は基本的な挨拶、報・連・相、メモの常備だけは口が酸っぱくなるほど言い含めておりました。

 僕が指導した横浜校初期の生徒で、とあるゲーム企業に面接を通過して研修を受けていたのですが、その半ばで帰ってきた生徒がおりました。
作品もファイルもボチボチだし真面目で人当たりも良かったのになぜだろうと講師陣でも疑問に思っていたのですが、他の校舎から同じ企業に研修に行っていた生徒からの情報を仕入れることができたのですが、その出戻ってきた生徒さんってば研修担当の上司の指示に返事をしなかったそうなんですよ。
何度か「返事をしなさい!」と言われたそうなんですが、集中し過ぎて聞こえなかったそうでしてそれが理由で内定取消しとなったそうです。
その生徒さんは、その後就職活動を再開して別の企業に内定することが出来たのですが、取り消しになった企業が割と良い所であったので非常に残念でした。

 また、同じ横浜校に凹久保君という生徒がいたのですが、遅刻欠席の際はきちんと朝、授業前に電話で報告しなさいという指導も虚しく遅刻無断欠席上等な生徒だったのですが、偶に連絡をするかと思えば、

「チス!俺っス。今日休むっス!」

といった塩梅で、どういった状況で何故欠席なのか説明して初めて報告と言えます。と指導しても、

「お腹が頭痛でどうにもならないっス!」

といった説明をするような頭が下痢を起こしているかのような人生が欠席のイタい子で、もうここまでくるとビジネスマナーを仕込むとかそういった問題ではなく、人間を作り変えるしかないといったショッカー的な悪の組織の様な結論しか出せず、それは我々講師の仕事ではないと悟ったところで彼には楽しく学校生活を送って頂く事として、出席日数も課題提出も卒業認定に足りない中で他の同級生が歓喜の中で内定企業に巣立って行くのを尻目に静かに除名されて学校を去っていきました…。
尚、この凹久保くん。年明けの同級生の就活の熱気の漂う教室の中で久しぶりに登校したところ、以前とは全く違う雰囲気にキョロキョロしており、皆に語りかけるも相手にされず、酸素不足の金魚のようにアップアップしながら早退していったのが印象深い後姿でありました。

 同じ横浜校で螺岡くんという生徒がいたのですが、この生徒ってばとにかく講師に聞いてくるという特徴がありまして、こうして書くと質問の多いヤル気マンマンな良い生徒に聞こえるのですが、その質問の内容が講師が何度も説明したことや自分で確認出来ることや教科書にも書いてあることだったりして、メモや板書を取ってんのかオメーと確認してみると、

「聞いた方が速いんで。」

といった講師の我々をgoogle先生、いやそれより遥かに下の存在であるメモ帳扱いしていることが発覚し、会社で上司にそんなことしたらソッコーでクビが飛ぶぞと因果を含めるどころか叩き込んで説教をしたものの、生来のカンジの悪さは急には治らずにそれが理由で何度か会社をリストラされている模様です。

 ンでも上記の3人、凹久保くん以外は立派にゲーム業界で活躍されているんですよね。螺岡くんなんて派遣ながらセガ「龍が如く」の背景CGに携わっていたりして。なお、凹久保くんは、様々な職業を渡り歩いた後になりたての俳優さんたちを管理するマネージャー的な仕事に就いてそこそこ上手くやっているようです。

 このようにこのビジネスマナーの問題は他の諸問題に比べて軽く、後天的に是正出来る問題ではありますので是非早めに身につけられるようにした方がスムーズな就職活動、若しくは社会人ライフを送られるようになるのではないでしょうか。
何度も書きますが、先ずは基本的な挨拶、報・連・相、メモの常備から入る様にすれば他も後からついてくると思われます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

オカルト問題